高機能 高コスパ
入退室管理システム
おすすめ7
更新日:2024.02.28
                   

おすすめの入退室管理システムをご紹介します!

                   

企業は信頼性を高めたり正しい勤怠管理をするために、さまざまな対策を行わなければなりません。より高いセキュリティを実現したい場合や、正確性のある勤怠管理をするためには、入退室管理システムを導入するのがおすすめです。

しかし、入退室管理システムを導入する際、提供されているシステムの数も多く、解錠方法や利用料もさまざまなので、
・どの入退室管理システムを利用すればいいの?
・どんなタイプの入退室管理システムがあるの?
・なにを重視すればいいの?

といった疑問や課題が生まれるでしょう。そこで当サイトでは、入退室管理システムを導入したい方の疑問や課題解決に役立つ情報をまとめてご紹介しています。

種類や解錠方法などで選ぶおすすめの入室管理システムや、入退室管理システムを導入するうえで知っておきたい情報のほか、WEBアンケートを実施して実際に入退室管理システムを導入した方の口コミや評判についてもまとめてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

安心して利用できる入退室管理システムを利用して、会社の信頼性を高めましょう。

入退室管理システム選びの際に気を付けること

電池錠は工事不要で、初期費用も0円と安く導入できるように見えますが、見積りをしてもらうと意外と月額費用が高いとなることが多いようです。また、製品ごとに設置工事の有無や、費用が異なる点にも気を付けなくてはなりません。

たとえば、厳重なセキュリティ対策が可能な生体認証は、システムが非常にすぐれていることから導入コストが高く設定されています。そのため、入退室管理システムをお考えの際には、初期費用の安さだけにとらわれず、システム面やセキュリティー面を重視し、総合的に納得のいく製品を選ぶといいでしょう。

入退室管理システムの基礎知識①

入退室管理システムとは?

入退室管理システムとは?の見出し画像

入退室管理システムとは、簡単にいうといつ誰が出入りしたかを管理するシステムのことです。企業では万が一情報の流出が発生した場合や監査が行われた場合などに、オフィスの情報管理が適切に行われていたことを証明する必要があります。

そしてその証明に活用できる記録を、入退室管理システムは自動的に行っておくことができるのです。この管理は手動で行うことも可能ですが、関係者以外の無断立ち入りを防いだり効率的に管理を行ったりするためにはシステム化するのがおすすめです。

企業にとって個人情報の漏えいや機密情報の流出は信用を失う原因となり、企業の運営に大きく影響してしまう可能性があります。

それを防ぐためにもセキュリティを強化する必要がありますが、そのセキュリティ対策がしっかりと行われていることを証明するためにプライバシーマークの取得を目指す企業も増えています。だからこそ今、入退室管理システムのニーズも高まっているのです。

そんな入退室管理システムには、さまざまな種類や解錠方法が存在し、オフィスに合わせて選ぶことができます。次項では入退室管理システムの種類ごとの違いや特徴などについて詳しく解説していきます。

入退室管理システムの種類

入退室管理システムの種類の見出し画像

入退室管理システムにはおもに「電子錠」と「電気錠」の2種類があります。ここではそれぞれの特徴についてご紹介するので、違いを確認して自社に最適な種類をチェックしてみてください。

電子錠とは

電子錠とは電池を電源として施錠や解錠する鍵です。一般的にはコンビニなどでも購入できる乾電池を利用するので、もしも電池が切れてしまっても簡単に交換できます。さらに特別な工事は必要ないため、賃貸などでも利用することができるのがメリットです。

電子錠には、カード式、暗証番号式、指紋認証式、タッチキー式などの種類があります。暗証番号式や指紋認証式の場合は鍵を持ち歩く必要がないため鍵を紛失する心配がありません。

またタッチキーは鍵を出したりしまったりする必要がないので、楽に施錠や解錠ができます。

さらに電子錠は取付方法も複数あり、通常の錠前と同じように切り欠き加工をするタイプや、ドアノブシリンダーにかぶせるタイプなどがあります。ドアの形状などに合わせて選ぶことができるので、どのような建物でも導入しやすいのが電子錠のよさでもあります。

ただし電子錠は電池で動いていることから、電池切れになると一切動かなくなってしまいます。万が一外出中に電池切れになった場合は締め出されてしまう可能性があるので、電池の残量には気を付ける必要があります。

また電子錠はネットなどで簡単に購入できますが、いざ購入してみるとドアの規格に合わないというのもよくあるトラブルです。ドアの厚みやシリンダーによって規格が決まっているので、ネットで購入する際には注意しましょう。

電気錠とは

電気錠も電子錠と同じような機能や解錠方法となっていますが、いくつか異なるポイントがあります。まず電子錠が電池で動くのに対し、電気錠は電気配線によって動きます。そのため通電さえしていれば電池切れなどの心配もなく、電池交換の必要もありません。

また入退室管理やIoTと連動できるものなど高性能なものが多いのも特徴で、オフィスなどセキュリティを強化したい場面に適しています。

さらに一般的に耐用年数が7年となっており、長期的にみるとコストパフォーマンスに優れているのもメリットです。高性能かつ費用を抑えて利用したい場合は、電気錠のタイプを選ぶといいでしょう。

ただし電気錠は配線工事が必要になるため、作業を行える業者が限られています。配線工事は資格がないとできない作業なので、普通の鍵屋では取り扱っていないこともあるので注意しましょう。

このように電子錠と電気錠それぞれにメリットやデメリットがありますが、オフィスなどで利用する場合は高品質な製品が多くセキュリティ面でも安心な電気錠がおすすめです。

おすすめの入退室管理システム7選!

iDoors

iDoors

解錠方法

  • 暗証番号
  • ICカード
  • スマートフォン
  • 生体認証

電源の種類

  • 電気錠
  • 電子錠(電池錠)

おすすめポイント

  • POINT01 さまざまな認証リーダーに対応
  • POINT02 予約システムとも連携できる
  • POINT03 導入サポートが手厚い

いつでもクラウドで入退室の管理・確認ができる!コストパフォーマンスも高い!

iDoorsでは、誰がどこへいつ入退室を行ったのかをいつでもクラウドの管理ツールで確認することができます。電源からの配線で動くので取り付けるために工事が必要ですが、だからこそ安定性と防犯性が高いのが強みです。

電気錠なので最初にコストはかかるものの、長く使い続けるほどコストパフォーマンスが高く、IoTの組み合わせによってさまざまな認証ができることや予約システムと連携可能な点もメリットです。

導入事例

  • 導入事例01
    社名株式会社SmartHR
    導入台数19ドア35リーダー
    設置場所エントランス、執務室、ビル共用スペースとの出入り口、ストックルームほか
    導入年月2021年1月
  • 導入事例02
    社名SMART GOLF
    導入台数1ドア1リーダー*東京都など8店舗
    設置場所店舗エントランス
    導入年月2022年2月〜
  • 導入事例03
    社名ピクシーダストテクノロジーズ株式会社
    導入台数2拠点9ドア15リーダー
    設置場所本社=エントランス、サーバールーム、ストックルーム、ラボの5箇所、開発拠点(テクノトープ)=4 箇所
    導入年月2019年7月末~
  • 導入事例04
    社名株式会社Sun Asterisk
    導入台数3ドア6リーダー
    設置場所エントランス、執務室
    導入年月2022年5月〜

基本情報

電源の種類電気錠
解錠方法 暗証番号、ICカード、スマートフォン、生体認証
料金1万1,000円〜
※電気錠のため初期費用は別途
問い合わせ メールフォーム
会社情報 株式会社エーティーワークス
東京本社:東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 37F

口コミ・評判

機能十分で低価格!スマートロックと比較し、優位性を確認
AMBL株式会社
『iDoors』以外で、他社で迷っていたクラウド系のシステムは一社のみ。クラウド対応のスマートロック(電池錠)のもので、以前のオフィスで少し使っていましたが、カードをかざしてから開くまでの反応スピードが遅かったことが、一部の社員から気になるという声が上がっていました。 そこでエーティーワークスさんに声をかけたところ、「ぜひうちのオフィスに見にきてください!」という力強いお返事をいただいて、導入する方向で話が進みました。セキュリティの観点ではスマートロックよりも堅牢ですし、火災報知器との連動まで考えられた製品だと聞き、驚きました。 ランニングコストが比較検討に挙がっていた他社よりもはるかに安く、また私としてはAPI連携ができることが課題の一つだったのですが、それもスムーズに行えており、“機能が十分にあって安い”という点で、入れて良かったなと、とても満足しています。 また、当社ではISMS認証を取得しているため、セキュリティの強化は必須で、ログが長期間保存でき、すぐにCSVで抽出できるのは管理側としてもメリットを感じています。以前、ビルの管理会社にログの開示依頼をした場合、データではなく書類で渡されて困ったことがありました。それを考えると、本当に便利かつ効率的だなと改めて感じます。 AMBLでは共有部は、ビル側の管理システムを使い、専有部には『iDoors』を設置しており、現在は併用して使っています。そうした柔軟な対応ができるのも、『iDoors』ならびに運営するエーティーワークスさんの魅力でした。AMBLは、お客様からお仕事をいただいているため、お客様が要望される以上のセキュリティ対策をする必要があります。 大手企業からのデータ分析の依頼やシステム構築に関わる際に、機密情報を扱うことがあり、お客様からかなり厳しいセキュリティ面でのご質問をいただくことが多いのですが、現在の『iDoors』の設置状況であれば、自信を持ってお答えすることができます。
引用元:https://idoors.jp/
API経由で管理画面を独自に自動化
株式会社Kyash
当社は、独自開発のアプリと連携したVisaのプリペイドカードを発行していて、加盟店は世界中に存在します。商圏をまたいで利用しやすい点に強みを持つ独立系で、ほぼすべての銀行が使えるというのも強みです。 そうした金融サービスを提供しているため、情報管理については厳格に運用しなくてはいけません。個人情報等機密性の高い情報を扱う部屋もあり、セキュリティの強化は必須でした。また、PCIDSSの基準もあり、入退室ログの保存は、“最低3ヶ月”が条件でした。 ※PCIDSS(Payment Card Industry Data Security Standard)とはカード会員情報の保護を目的として策定されたカード情報セキュリティの国際統一基準 管理者としては、すべてを自動化したかったので、API連携ができるものを探した結果、『iDoors』の一択に絞られました。直近では、従来から提供しているサービスに加えてさまざまなセグメント向けの施策を進めており、多様なユーザーに利用いただいています。 当社のアプリをさらに多くのお客さまに利用していただきたいと考え、現在は営業を増員し、顧客拡大に力を入れています。そうした動きの中で、よりセキュリティを厳重に管理する必要があり、アンチパスバックの連携やユーザーの入室制限などの設定を行っております。 当社では、独自の管理画面を作り、『iDoors』の管理画面をAPI経由で利用しています。社員のカード忘れの際の対応や、臨時のお客様が来たときの入室申請の設定など、フルで活用しています。APIがあるので、ほぼ自動化することができ、本当に満足しています。 また何か不明な点があったときや、こちらの要望に対して、エーティーワークスの担当者の方が、親身になってスピーディーに対応いただけるので助かっています。電話やSlackでカジュアルに質問したり、困った時に気軽に連絡できるのは本当に助かります。
引用元:https://idoors.jp/

Akerun

Akerun

解錠方法

  • 暗証番号
  • ICカード
  • スマートフォン
  • 生体認証

電源の種類

  • 電気錠
  • 電子錠(電池錠)

おすすめポイント

  • POINT01 導入社数がとても多い
  • POINT02 初期費用が安く済む
  • POINT03 金融機関並みのセキュリティ

累計導入社数7,000社以上!大規模な工事をせずともさまざまなドアに対応!

Akerunは100万回の耐久テストを行われているので、徹底的に品質にこだわられているツールだといえるでしょう。

ドアは一日の間にかなりたくさん開け閉めされるため、それだけ耐久力を徹底して追及されているというのは他をしのぐ点となっています。さらに、金融機関並みのセキュリティを誇るのも特徴的な点のひとつです。

導入事例

  • 導入事例01
    社名株式会社1.1BIRTHS
    業界フィットネスジム 小売・店舗
    目的 物理的なセキュリティを強化したい 入退室管理をしたい 管理業務を効率化したい 他システムと連携したい
    規模 従業員10~49人
  • 導入事例02
    社名株式会社レバレッジ
    業界[オフィス]スタートアップ
    目的物理的なセキュリティを強化したい 入退室管理をしたい 勤怠状況を確認したい 物理鍵の置き換えをしたい 管理業務を効率化したい 複数拠点、増床増設、移転など 他システムと連携したい
    規模従業員50~299人
  • 導入事例03
    社名株式会社RIBON(会員制コミュニティ “Snack”)
    業界小売・店舗
    目的 物理的なセキュリティを強化したい 入退室管理をしたい 管理業務を効率化したい 複数拠点、増床増設、移転など 無人経営・24時間経営にも対応したい
    規模従業員1~9人
  • 導入事例04
    社名株式会社カンマッセいいづな(長野県飯綱町)
    業界フィットネスジム 小売・店舗
    目的 物理的なセキュリティを強化したい 入退室管理をしたい 物理鍵の置き換えをしたい 管理業務を効率化したい 他システムと連携したい
    規模 従業員50~299人

基本情報

電源の種類電子錠(電池錠)
解錠方法ICカード、スマートフォン
料金要お問い合わせ(レンタルで、年単位の定額のサブスクリプション)
※電子錠は工事費用なし
問い合わせ メールフォーム
会社情報 株式会社Photosynth
本社:東京都港区芝 5-29-11 G-BASE田町15F

口コミ・評判

コスト安く、入退室をログ管理
医療系
部屋の入退室記録が残り、セキュリティが向上しました。特に大きな工事も必要ありませんでしたので、手軽に低コストで取り入れられるツールです。仕事時間後の戸締まりも楽になりました。 個人情報や重要備品をおいている部屋も多くありますので、セキュリティを低コストで向上させることができました。
引用元:https://boxil.jp/
扉のオートロック化、入退室のログ管理が可能に
サービス/外食/レジャー系
管理画面の操作性がシンプルで使いやすく、すぐに馴染むことができました。本体の動作にエラーも出ず、安定していたと思います。また、電池容量を遠隔で監視してくれ、容量が少なくなったら替えの電池を送ってくれるので、電池切れの心配が不要なのは安心でした。 コールセンターがメイン事業となるため、たくさんのオペレーターがセンターを出入りする環境です。その中でもこちらの製品を導入することにより、オペレーターの入退室の履歴管理、扉のオートロック化によるセキュリティの向上を行うことができました。
引用元:https://boxil.jp/

bitlock PRO

bitlock PRO

解錠方法

  • 暗証番号
  • ICカード
  • スマートフォン
  • 生体認証

電源の種類

  • 電気錠
  • 電子錠(電池錠)

おすすめポイント

  • POINT01 初期費用は0円
  • POINT02 誰でも簡単に取り付けられる
  • POINT03 通信不良・障害に強い

圧倒的な低コストで導入可能!99%のサムターンに対応していて、通信不良にも強い!

bitlock PROは初期費用0円、月額5,000円(税込)という圧倒的な低価格で導入可能なのが魅力です。

サブスクタイプで価格設定が安くなっているので、なるべく費用をかけずに入退室管理システムを導入したいのであれば、bitlock PROを選ぶのがおすすめです。99%のサムターンに対応していて、工事も不要となっています。

導入事例

  • 導入事例01
    社名株式会社ビービット
    導入前の悩み・課題複数台設置していたスマートロックのランニングコストが高額だった
    導入後の成果スマートロックのランニングコストを削減
  • 導入事例02
    社名株式会社シフォン
    導入前の悩み・課題従業員の退職のたびに、テンキーロックの暗証番号を変更・周知する必要があった
    導入後の成果交通系ICカードなどを簡単にカギとして登録でき、入退室管理が標準化・効率化された
  • 導入事例03
    社名株式会社Lifunext
    導入前の悩み・課題朝の解錠後はエントランスを開放しており、誰でも自由に出入りができる状態だった
    導入後の成果オートロックになったことで関係者以外の出入りを防げるようになった
  • 導入事例04
    社名相馬歯科医院
    導入前の悩み・課題従業員のための合鍵作成や、退職時の鍵の回収に金銭的・時間的コストがかかっていた
    導入後の成果物理鍵運用で発生していた負担・コストを軽減できた

基本情報

電源の種類電子錠(電池錠)
解錠方法ICカード、スマートフォン、生体認証
料金5,000円〜
※電子錠は工事費用なし
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 株式会社ビットキー
本社:東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン9F

口コミ・評判

すぐに対応してもらえる
コンサルティング・専門サービス
設置や操作、トラブルで困った際には担当の方がすぐに対応してくれます。方法も、メール、電話、オンラインと状況に応じて貰えるのでとても分かりやすく、安心して利用できます。 セキュリティと利便性の兼ね合いで悩んでいたが、サービスを導入する事で解決できた。ログも取れるので安心感が増した。
引用元:https://boxil.jp/
環境によってはこれがベストなソリューション
IT/通信/インターネット系
導入の手軽さ、手頃な料金、安定性、利便性で非常にバランスが良いです。導入する環境(ドアの形状、用途、従業員数等)として弊社にマッチしていました。十分な管理機能を持ち、必要に応じて柔軟に拡張もできます。
引用元:https://boxil.jp/

ALLIGATE

ALLIGATE

解錠方法

  • 暗証番号
  • ICカード
  • スマートフォン
  • 生体認証

電源の種類

  • 電気錠
  • 電子錠(電池錠)

おすすめポイント

  • POINT01 堅牢なセキュリティ
  • POINT02 ネットワークを構築する必要がない
  • POINT03 サポートが手厚い

いろいろな扉や既存システムからのリプレイスに対応!社内ネットワーク構築不要!

ALLIGATEはこれまでに培われてきた施工技術や経験があるおかげで、さまざまな扉へスムーズに設置可能です。リプレイス時には既存の設備を再利用することもできるため、低コストで設置工事ができます。

さらに、セキュリティ機器の専業メーカーが設計した製品であり、両面テープで貼り付けるようなタイプではないので、安全性も非常に高いといえるでしょう。

導入事例

  • 導入事例01
    社名株式会社KIBO
    業種飲食
    事業規模1~10名
  • 導入事例02
    社名三協フロンテア株式会社
    業種建築・不動産(製造業、サービス業)
    事業規模1,000~1,500名
  • 導入事例03
    社名株式会社ラクーンホールディングス
    業種IT・メディア
    事業規模 50~299名
  • 導入事例04
    社名アートスパークホールディングス株式会社
    業種IT・メディア
    事業規模 50~299名

基本情報

電源の種類電気錠
解錠方法暗証番号、ICカード、スマートフォン
料金1扉あたり1万6,500円
※電気錠のため初期費用は別途
問い合わせ メールフォーム
会社情報 株式会社アート
本社:東京都品川区東五反1-25-11 五反田一丁目イーストビル

口コミ・評判

入退室の管理や閲覧の制限機能が便利
不動産/建設/設備系
入退室の権限や管理はもちろんのこと、閲覧の制限も行うことができるので便利だと思います。また、導入もしやすく、操作もとてもわかりやすいので、周りにも勧めやすいと思いました。 閲覧や入退室の管理などをまとめて行うことができるので、とても楽だと思っています。さらに、共連れを防止する機能もついているので安心感もあります。
引用元:https://boxil.jp/
テレワークでスマホアプリでも対応ができる
小売/流通/商社系
弊社でもリモートワーク、テレワークのウエイトを占めるなか、勤怠管理の負担軽減が課題でしたが導入後は、クラウド上でリアルタイムに入退室を確認出来るため時間効率、生産性のアップにつながりました。 導入以前は、テレワーク、社内でも勤怠管理業務の負担があり、時間効率の悪さ、生産性の悪さを指摘されておりましたが、導入後は、テレワーク、リモートワーク、社内でも、勤怠管理の入退室をクラウド上でリアルタイムで確認出来るようになり、テレワークを進めてる弊社でも大いに役立っております。生産性、時間効率のアップにつながりましたので、コストカットにもつながりました。社内でも楽になったと聞いております。
引用元:https://boxil.jp/

カギカン

カギカン

解錠方法

  • 暗証番号
  • ICカード
  • スマートフォン
  • 生体認証

電源の種類

  • 電気錠
  • 電子錠(電池錠)

おすすめポイント

  • POINT01 利用中のドアに後付けできる
  • POINT02 オートロック機能搭載
  • POINT03 最短3営業日で導入

さまざまなシーンに応じた合鍵の発行が行える!入退室履歴がしっかり残る!

カギカンにはアプリ・遠隔操作・PINコード・ICカードという最大4つの解錠方法があります。そのため、活用シーンに応じていろいろなタイプの合鍵をシェアすることができます。

そして、設置はドアに両面テープで貼り付けるだけで済むため、導入に手間も費用もそれほどかかりません。賃貸施設であっても問題なく取り付けられるのです。

導入事例

  • 導入事例01
    社名株式会社コスモス
    業種人材派遣
    導入数1セット
    導入場所オフィス入口
  • 導入事例02
    社名株式会社ナインブロック
    業種通販業
    導入数1セット
    導入場所オフィス入口
  • 導入事例03
    社名U.P.DRAFT合同会社
    業種教育
    導入数1セット
    導入場所自習室入り口
  • 導入事例04
    社名株式会社ウィズダムアカデミー
    業種教育
    導入数2セット
    導入場所学童入口

基本情報

電源の種類電子錠(電池錠)
解錠方法暗証番号、ICカード、スマートフォン
料金カギカンコンソールのみ 月額4,500円~
カギカンBasicプラン 月額5,900円~
カギカンProプラン 月額7,300円~
※利用者料金は利用人数20人までは無料となり、21人目から100円/人で追加費用
問い合わせ メールフォーム
会社情報 Qrio株式会社
本社:東京都渋谷区恵比寿西2-3-4 東新産業ビル3F

口コミ・評判

安いランニングでスタートできる!
サービス/外食/レジャー系
単発の設置が必要となり、他社は年契約のみだが、カギカンは月額プランがあり、費用の工数を削減できました。 機器もホームタイプと同様のため、2万程度で購入し必要な時だけ契約する運用ができ、不定期の単発にて、施錠管理が必要な業務対応に活躍しています。
引用元:https://boxil.jp/
入退室管理が容易になり、外部者の入室排除にも役立つ
マスコミ/広告/デザイン/ゲーム/エンターテイメント系
入退室の記録がすべてシステム上で記録される為、日付指定ですぐに呼び出して確認できる。大がかりな工事も必要無く、取付が簡単だった。最終退出時間が分かるため、社員の勤怠打刻の乖離が発生した場合もすぐに調査ができる。 従来の物理鍵は、所持者全員が紛失していないか毎月現物をチェックして見回る点検が手間でしたが、これらの作業を廃止できました。入退室時以外は常時施錠されていますので、外部者の侵入を防ぐとともに、セキュリティ意識の向上にも繋がりました。
引用元:https://boxil.jp/

アマノ

アマノ

解錠方法

  • 暗証番号
  • ICカード
  • スマートフォン
  • 生体認証

電源の種類

  • 電気錠
  • 電子錠(電池錠)

おすすめポイント

  • POINT01 入室規制を行える
  • POINT02 シャットアウトカードも存在する
  • POINT03 出退勤データの入力もできる

各種ネットワーク環境にスムーズに導入できる!入室規制をすることも可能!

アマノの入退室管理システムは、LAN接続・モデム通信・シリアル接続といった各種情報インフラに対応しています。そのため、いろいろなネットワーク環境にスムーズに導入することが可能です。

加えて、レベルや時間帯等によって入室規制をすることもできるようになっています。入室可否のレベルを設定できるため、活用の幅が広いのです。

導入事例

  • 導入事例01
    社名サービス業 I社
    導入製品TimePro-NX、タイムレコーダー、静脈認証
    課題なりすまし打刻の横行で勤怠管理の不正が多発していた
    解決策静脈認証による打刻操作でなりすましを防止、更にシフト選択機能も搭載されているタイムレコーダーによりスケジュール管理が効率化

基本情報

電源の種類電気錠
解錠方法暗証番号、ICカード、生体認証
料金要お問い合わせ
※公式サイトでの掲載なし
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 アマノ株式会社
本社:神奈川県横浜市港北区大豆戸町275番地

SECURE AC

SECURE AC

解錠方法

  • 暗証番号
  • ICカード
  • スマートフォン
  • 生体認証

電源の種類

  • 電気錠
  • 電子錠(電池錠)

おすすめポイント

  • POINT01 豊富な認証方式
  • POINT02 シームレスに拡張していける
  • POINT03 さまざまなシステムと連動できる

設置環境やコストなどの要望に合わせて認証方式を組み合わせられる!

SECURE ACは顔認証や指紋認証に対応していて、さらにカード認証や番号認証にも対応しており、それらの認証方法を自由に組み合わせられます。

設置環境や要望に合わせて、最適な組み合わせにできるのです。また、既存のシステムはそのままに、シームレスに拡張していくことも可能です。数人規模から数千人規模にまで対応していくことができます。

導入事例

  • 導入事例01
    社名株式会社メルカリ
    事業内容フリマアプリ「メルカリ」の企画・開発・運用
    導入商品 SECURE AC
    導入年月 2017年 12月
  • 導入事例02
    社名ラクスル株式会社
    事業内容印刷・広告・物流のプラットフォーム運営
    導入商品SECURE AC
    導入年月2018年 11月
  • 導入事例03
    社名株式会社GA technologies
    事業内容中古不動産総合プラットフォーム開発・運営
    導入商品SECURE AC
    導入年月2019年 2月
  • 導入事例04
    社名株式会社アダストリア
    事業内容衣料品・雑貨等の企画・製造・販売
    導入商品SECURE VS
    導入年月2017年 2月

基本情報

電源の種類電気錠
解錠方法暗証番号、ICカード、生体認証
料金要お問い合わせ
※公式サイトでの掲載なし
問い合わせ 電話・メールフォーム
会社情報 株式会社セキュア
本社:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル20F

口コミ・評判

作業が早くて任せられる
株式会社メルカリ
私が入社した時にはすでにセキュアさんの管理システムが入っていました。前担当から聞いていたのが、『対応がよい。フランクだし、作業が早い。任せられるよ』ということ。メルカリが大きく成長をし続けている企業だからこそ、それが決め手になった大切さを実感していますね。 そのスピードについてこられるのがメルカリとビジネスをするベンダーに求めること。セキュアさんは、メルカリ側の業務であるベンダーとの調整なども気軽に相談できるし、任せることができる。 例えばオフィス移転では、設計図と業者の連絡先、移転日を伝えれば、タスクを巻き取ってくれる。圧倒的に多くのプロジェクトが並行して走っているメルカリ社内、その最たるものと言えるのがオフィスの移転です。 そのオフィス移転を社外の協力会社に一任できるというのは、担当社員にとってとてもありがたい。地方でのオフィス開設にも対応してもらえるのもありがたいですね。
勤怠管理から開放されました
株式会社GA technologies
前オフィスでトライアルを行い、現在の六本木オフィスへの移転後に全社的に入退出管理と勤怠管理の連携を施行しました。現場は複雑な勤怠管理からやっと解放されました。勤怠の一元管理をスタートしたことで、給与計算の業務効率も大幅にアップしました。 GAテクノロジーズは、自社の不動産業務改善ツールを内製するなど、社内の効率性にこだわって日々の業務に取り組んでいます。今回の移転に伴う勤怠管理の一元化は、バックオフィス業務の効率性とコンパクト化や各社員の業務効率化をねらったものです。 ただ、入退出システムとの連携に自社のパワーを割いてしまうと、本業が圧迫されてしまいます。そこでセキュアにシステムのカスタマイズを依頼して、修正を繰り返しながら本施行を目指しました。 先ほどの竹村の言葉通り、システムが完成して現場は勤怠管理から開放されました。GAテクノロジーズはまだまだ成長していきます。 そのため、社員の部署異動は頻発していますし、組織変更や就業規則の変更なども定期的に行われています。その際でも、一元管理を行っているため、管理ツール上の変更だけで大幅に業務を短縮できます。 現場の人の手を煩わせないことで、時間を大きく省け、またミスも少なくなります。 社内が随分変わったと感じていますね。

入退室管理システムの基礎知識②

入退室管理システムのメリット

入退室管理システムのメリットの見出し画像

これまで入退室管理システムを利用していなかった方は、導入することに意味があるのかと疑問を感じてしまうかもしれません。入退室管理システムにはたくさんのメリットがあり、とくにオフィスなどでは導入するのがおすすめです。ここではそんな入退室管理システムのメリットについて詳しくご紹介します。

セキュリティの強化

個人の入退室を管理できるタイプの入退室管理システムであれば、誰がいつ入退室したのかを細かく管理することができます。また防犯カメラと連動することにより、1回の認証で2人以上の入退出をする「共連れ」などの不正もアラートや警告メッセージを表示して防ぐことも可能です。

さらに複数のフロアがあるオフィスの場合、フロアごとの入室権限を設定することができるので、そのフロアに関係のない従業員の入退室を防止できます。これにより機密情報の持ち出しなどの不正を未然に防ぐことができ、内部と外部の両方のセキュリティを強化することができるのです。

これからオフィスのセキュリティ強化に力を入れていきたいのなら、このような個人の入退室を管理できるシステムを利用することで大きなメリットを感じることができるでしょう。

正確な勤怠管理の把握

入退室管理システムは、人事システムとの連携も可能です。連携することで従業員の勤務時間を正確に記録することができ、タイムカードの押し忘れや人的な計算ミスなどを防ぐことに繋がります。

これまで月末の事務処理でしか把握することが難しかった時間外労働についてもリアルタイムで把握できるようになるため、働き方改革を進めている企業にも最適です。また慢性的に長時間労働をしている従業員に対して個別の面談などで啓発することもできるようになり、従業員の意識改革にも役立つでしょう。

そして正確な勤怠管理ができることにより、残業代が正しく支払われるようになるなど給与面での改善を行うこともできます。これにより従業員の満足度も向上させることができ、離職率の低下にもつながるでしょう。

コスト削減

正確な勤怠を把握できることで、労務管理の工数が大幅に削減できるというメリットもあります。とくに従業員数の多い企業では事務処理にかかる手間や時間が多く、人員のコストが高くなっていることも少なくありません。

入退室管理システムはシステム上でさまざまな情報を処理するのでミスも発生しにくく、人の手による管理で万が一ミスが起きた際にかかる手間なども減らすことができるでしょう。また小規模なオフィスでアナログな管理をしていた場合は、事業拡大や従業員の増員により一気に作業が追い付かなくなってしまうこともあります。

そのため事業拡大などでオフィスに出入りする人の数が増えたタイミングで、入退室管理システムを導入する企業も多いです。人が増えるほど防犯などのセキュリティを強化する必要も出てくるので、これから事業拡大などの予定がある場合は、ぜひ入退室管理システムの導入を検討しましょう。

入退室管理システムの解錠方法

入退室管理システムの解錠方法の見出し画像

入退室管理システムにはさまざまな解錠方法があります。ここでは解錠方法ごとの特徴やメリット・デメリットなどについて詳しくご紹介するので自社に合う解錠方法がどれなのかを検討してみてください。

暗証番号

暗証番号での解錠方法は、0から9の10個の数字を組み合わせた暗証番号を用いて解錠します。ほかの解錠方法と比べて導入コストが比較的低い、鍵の持ち歩きが必要ないため鍵をなくすなどのトラブルがないというメリットがあります。

ただしオフィスなどで従業員が共有の暗証番号を使用する場合、個人の入退室を管理することができない、離職者が出た場合に暗証番号を変更しなければならないというデメリットも存在します。

さらに暗証番号が漏えいすると侵入のリスクが高いため、対策として定期的な暗証番号の変更が必要となります。

ICカード

ICカードの解錠方法は認証装置であるカードリーダーにICカードをかざし、ICチップの情報を読み取り権限の有無を判定して解錠します。ICカードは社員証などのカードにICチップを埋め込んで用意する方法もあれば、交通系ICカードに認証情報を登録する方法などもあります。

ICカードでの解錠は一人ひとりの入退室記録を残すことができるというメリットがあります。また交通系ICカードを利用する場合、専用のカードを用意する必要がないため事務的な処理の手間を減らせるというメリットもあります。

ただしICカードは個人の管理に任せるため、紛失や盗難のリスクも高くセキュリティ面での不安が残ります。

スマートフォン

スマートフォンに専用のアプリをインストールし、リーダーにかざすことで解錠する方法もあります。個人のスマートフォンはもちろん、会社支給のスマートフォンがあればアプリをインストールしておくだけでいいので、ICカード発行などの手間を省くことができます。

またリーダーとスマートフォンの通信は暗号化されているので、スマートフォンの画面をロックしパスワードを設定していれば、万が一スマートフォンを紛失した場合や盗難された場合でもリスクを軽減できるというメリットもあります。

ただし毎回スマートフォンを取り出す手間があるため、人数の多いオフィスや多くのオフィスが集中している建物の場合はリーダーの前で混雑が発生してしまう可能性もあります。

生体認証

生体認証はバイオメトリクス認証とも呼ばれるもので、指紋や静脈、声といった身体の一部やそれに準ずる要素を使用して認証する方法です。生体認証の一番のメリットは、なりすましや偽造が非常に困難であることから登録されていない第三者の侵入を防げる可能性が高いということです。

また紛失することがないため、紛失によるICカードなどの再発行といったさまざまな手続きを行う必要がないというのも大きなメリットでしょう。セキュリティ面では安心な生体認証ですが、ほかの方法に比べて導入コストが高いというデメリットもあります。

入退室管理システム費用の目安は?

入退室管理システムの導入にかかる費用

入退室管理システムの導入を検討する際、必要なのはシステムの費用だけではありません。ここでは、入退室管理システムを導入するにあたり、必要となる費用の目安を紹介します。

設置にともなう工事費用

入退室管理システム導入するには、工事費用がかかります。設備を設置する際に必要な材料や作業工賃などです。

導入するシステムの認証方法や、製品によって工事費用は大きく変動します。たとえば、ICカードタイプのシステムを導入する際は、通常の錠前から電気錠に交換する工事費用が発生します。

一方、認証リーダーを扉に貼り付けるタイプは、錠前の工事を必要としないため、工事費用は抑えられます。工事費用は設置する場所や環境でも変わるため、事前に設置箇所を確認しておきましょう。

システムにかかわる機器費用

機器にかかる費用には、コントローラー、認証リーダー、電気錠などがあります。入退室管理システムの種類や仕様によって、必要な機器は異なります。

機器の費用には、管理に必要なソフトウェアや専用パソコンなども含まれます。その際、海外製の安価な機器を利用することで、初期費用を抑えることが可能です。

ただし、安さだけにとらわれず、性能や使いやすさを念頭に置いておきましょう。

月額の使用料

クラウド型の入退室管理システムでは、導入後も毎月利用料金がかかります。クラウド型の場合、利用料金は複数プランの中から選択できるのが魅力です。

製品によっては、機能別に導入できる便利なタイプもあります。自社のサーバーで運用する場合は、サービス利用に対する月額利用料がかからないのが一般的です。

入退室管理システムの導入費用相場

入退室管理システムは、製品の種類によって導入費用の相場が変わります。認証方法の特徴や使用方法を加味しつつ、導入費用の相場を把握しておきましょう。

初期費用はかかるものの、セキュリティ強化や労務管理の効率化を考えると、入退室管理システムの効果は計り知れないといえます。続いては、入退室管理システムの種類と導入費用を紹介します。

必ず、導入を検討する際は複数のシステムを比較しながら相見積もりを行いましょう。

ICカードタイプの相場

入退室の履歴がデータとして残らない認証リーダーの相場価格は、工事費用込みで30万円前後となります。入退室の履歴が残る認証リーダーの場合は、工事費込みで80万円前後が相場です。

また、ICカード発行にも1枚数千円程度かかるため、従業員の人数分を用意する必要があります。

スマートロックタイプの相場

ICカードや、スマートフォンで認証する入退室管理システムでは、クラウド型のサブスクリプション方式が一般的です。価格の相場は、工事費用が10万円前後、月額のサブスク費用が2万円前後となります。

テンキータイプの相場

テンキータイプは、入退室管理システムの中でも比較的安価に導入が可能です。テンキータイプの設置には、工事費用を含めて25万円前後が相場となります。

テンキータイプの設置には、錠前の交換工事や配線の取り付けや設備を設置する工事が必要です。

生体認証タイプの相場

生体認証タイプの導入費用は、ICカードタイプの入退室管理システムの価格に、数十万円を上乗せした価格が相場となります。製品によってばらつきはあるものの、ICカードタイプにプラスして20〜100万が一般的です。

入退室管理システムの法定耐用年数は何年?

入退室管理システムは、オフィスのセキュリティと効率化に不可欠な要素となっています。しかし、その耐用年数については、多くの企業が十分な理解を持っていないでしょう。

国税庁によると、入退室管理システムの法定耐用年数は6年とされています。これは、経費として認められる減価償却の期間を意味します。 実際の使用状況によってはこの期間を超えても機能することがあります。部品交換などのメンテナンスを行いながら、10年以上稼働しているシステムも存在します。

しかし耐用年数を過ぎるとエラーや不具合が発生するリスクが高まり、特にセキュリティシステムとしての機能を維持するためには、定期的なメンテナンスとアップグレードが必要です。

入退室管理システムを選ぶ際、どんな点を重視しますか? WEBアンケートで調査!

ここまで入退室管理システムについて解説させていただきましたが、実際に入退室管理システムを選ぶとしたら、どんな点を重視したいと考える方が多いのでしょうか?今回はWEBのアンケート調査を実施しました。それでは結果の詳細をみていきましょう。

入退室管理システムを選ぶ際、どんな点を重視しますか?(複数回答可のアンケート画像

第1位は「費用」でした。入退室管理システムの導入にはコストがかかるため、費用を重視したいと考えるのはもっともなことでしょう。入退室管理システムには初期費用と月額費用がかかるので、トータルでみてお得な入退室管理システムを選びましょう。

第2位は「種類や解錠方法」でした。入退室管理システムには電子錠と電気錠の2種類があります。電気錠は工事に初期費用がかかる一方で、月額費用が安いというメリットがあります。長期的なコストを考えると電気錠を選ぶのがおすすめです。

第3位は「サポート体制」でした。入退室管理システム導入後に安心して利用し続けるためにもサポート体制の充実しているサービスを選ぶことが大切です。たとえば修理の問い合わせ窓口を設けている入退室管理システムなら、万が一トラブルや故障があったときも迅速に対応してもらえるでしょう。

アンケートの結果は以上となります。次の見出しでは入退室管理システムの選び方について、さらに詳しく解説させていただきます。

入退室管理システムの選び方

入退室管理システムの選び方の見出し画像

これから入退室管理システムの導入を検討している場合、どの入退室管理システムを利用するべきかで悩む方も多いでしょう。ここではそんな方のために、入退室管理システムを選ぶ際にチェックしたいポイントをご紹介します。

種類や解錠方法

まずチェックしたいのが入退室管理システムの種類や解錠方法です。オフィスなどで利用する場合は、品質が高く電池切れなどの心配がない「電気錠」タイプがおすすめです。

配線工事が必要ですが、設置もすべて業者に任せることができるので、設置の手間を省くことができるという点でも安心です。

また解錠方法は、さまざまな種類から選べる入退室管理システムを利用すると目的に合わせて選べるので便利です。とくに高いセキュリティを求めているのなら、顔認証などの生体認証があるタイプがおすすめです。

そのほかに大勢が入退室する場所であればスムーズに利用できるICカードタイプ、低コストで導入したいのなら暗証番号タイプなどがおすすめです。また今回ご紹介した以外にも、QRコード認証などにも対応している入退室管理システムもあります。

まずは利用する場所や目的にどの解錠方法が適しているのかを考え、それに対応している入退室管理システムを利用してください。

他システムとの連携の有無

入退室管理システムを選ぶ際には、他のシステムとの連携ができるかどうかもチェックしましょう。最近では総合的なサービスを提供している入退室管理システムも多く、上手に連携機能を利用することでさまざまなコスト削減ができる可能性があります。

たとえば勤怠管理システムと連携できるタイプであれば、正しい勤怠情報を把握することができるので管理の手間にかかる人員のコストを大幅に削減できます。また人的な計算ミスなども防ぐことができるので、社員からの信頼度アップにも繋がるでしょう。

ほかにも予約管理システムと連携できる入退室管理システムなら、あらかじめ登録しておいたユーザー情報やドアの利用予約ができます。この場合ジムや宿泊施設などの無人経営をしている場所でも安心して利用でき、人件費の削減にも効果的です。

費用

入退室管理システムを選ぶ場合は、導入の費用もかかるので、さまざまなシステムを比較検討して費用的な面でのメリットが多い入退室管理システムを選びましょう。

費用を見る際には単純な価格の安さだけを見るのではなく、長期的に利用した場合にコストパフォーマンスに優れているかどうかを確認することが大切です。

とくに電子錠(電池錠)は初期費用が非常に安いためお得に見えますが、月額費用が高いケースが多く長期的なコストを考えると高めになってしまうことがあります。また電子錠(電池錠)は電池切れで利用できなくなるなどのデメリットもあるため、オフィスや店舗などにはあまりおすすめできません。

電子錠は導入時に配線工事が必要なため初期費用が高くなりがちですが、月額費用を鑑みるとコストパフォーマンスの高いものが多いです。ぜひ利用する期間なども踏まえ、長期的に見て安く利用できる入退室管理システムを選びましょう。

最適な入退室管理システムを選ぼう!

入退室管理システムは、セキュリティ強化や正しい勤怠管理のために必要なシステムです。企業や建物ごとに適した入退室管理システムを利用すれば、今よりも効率的に、そして信頼性の高い入退室管理ができるようになるはずです。

入退室管理システムは数多くありますが、まずはどのような種類や解錠方法が自社に必要であるかを確認してください。そして気になる入退室管理システムをいくつかピックアップし、資料請求などをしながら最適な入退室管理システムを選びましょう。

おすすめの入退室管理システム比較表

イメージ
サービス名
iDoorsAkerunbitlock PROALLIGATEカギカンアマノSECURE AC
電源の種類電気錠電子錠(電池錠)電子錠(電池錠)電気錠電子錠(電池錠)電気錠電気錠
解錠方法暗証番号、ICカード、スマートフォン、生体認証ICカード、スマートフォンICカード、スマートフォン、生体認証暗証番号、ICカード、スマートフォン暗証番号、ICカード、スマートフォン暗証番号、ICカード、生体認証暗証番号、ICカード、生体認証
問い合わせメールフォームメールフォーム電話・メールフォームメールフォームメールフォームメールフォーム電話・メールフォーム
会社情報株式会社エーティーワークス
東京本社:東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 37F
株式会社Photosynth
本社:東京都港区芝 5-29-11 G-BASE田町15F
株式会社ビットキー
本社:東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン9F
株式会社アート
本社:東京都品川区東五反1-25-11 五反田一丁目イーストビル
Qrio株式会社
本社:東京都渋谷区恵比寿西2-3-4 東新産業ビル3F
アマノ株式会社
本社:神奈川県横浜市港北区大豆戸町275番地
株式会社セキュア
本社:東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル20F
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ

【その他】入退室管理システム

  • 日本コンピュータビジョン株式会社
    会社名日本コンピュータビジョン株式会社
    住所〒105-0022 東京都港区海岸一丁目7番1号 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー
  • ステルス・ネットワークス株式会社

    ステルス・ネットワークス株式会社は、セキュリティと効率性を高めるための多様なソリューションを提供しています。この記事では、同社の個別ニーズへの対応策を3つの主要カテゴリーでご紹介。この記事を通じて、ステルス・ネットワークス株式会社の多角的なアプローチについて理解を深められるでしょう。

    会社名ステルス・ネットワークス株式会社
    住所〒104-0045 東京都中央区築地6-4-5 シティスクエア築地11F
    電話番号03-6260-6982
  • Safie Entrance2
    会社名セーフィー株式会社
    住所〒141-0033 東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー
    電話番号記載なし
    電源の種類電気錠
    解錠方法顔認証
    価格月額費用 16,500円/100顔~
    本体価格 368,500円~
    ドアコントローラ 43,780円
    工事費別途
  • Smart Me®
    会社名エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
    住所〒100-8019 東京都千代田区大手町2-3-1 大手町プレイスウエストタワー
    電話番号0120-003300
    電源の種類記載なし
    解錠方法スマートフォン、生体認証
    価格記載なし
  • 入退くん
    会社名BPS株式会社
    住所〒160-0023東京都新宿区西新宿6-20-7 コンシェリア西新宿TOWER'S WEST 2F
    電話番号03-6279-4320
    受付時間10:00〜19:00 (土日・祝日を除く)
    電源の種類記載なし
    解錠方法QRコード、ICカード
    価格初期費用 無料
    基本利用料 月額3300円~
  • セントリックス
    会社名セントラル警備保障株式会社
    住所〒163-0831新宿区西新宿二丁目4番1号 新宿NSビル
    電話番号0120-810602
    電源の種類記載なし
    解錠方法ICカード
    価格記載なし
  • セサモTRⅡ(セコム)
    会社名セコム株式会社
    住所〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1丁目5番1号
    電話番号03-5775-8100(代)
    電源の種類電気錠
    解錠方法IDカード
    価格記載なし
  • Webvisor
    会社名株式会社日立システムズ
    住所本社:東京都品川区大崎1-2-1
    電話番号0120-346-401
    受付時間9:00~17:00(土日祝は除く)
    電源の種類記載なし
    解錠方法ICカード、生体認証
    価格 記載なし
  • SPLATS
    会社名株式会社クマヒラ
    住所〒103-8314 東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー14階
    電話番号03-3270-4381(代表)
    電源の種類電気錠
    解錠方法ICカード・QR・スマートフォンアプリ・顔認証
    価格 ライトプラン 1扉あたり月額 ¥9,000 (税込¥9,900)※設置工事費別
    ベーシックプラン 1扉あたり 月額 ¥10,000(税込¥11,000)※設置工事費別
    ゲートライトプラン 1台あたり 月額 ¥14,000(税込¥15,400)※設置工事費別
    ゲートベーシックプラン 1台あたり 月額 ¥15,000(税込¥16,500)※設置工事費別
  • SecureFrontia X
    会社名NECプラットフォームズ株式会社東京本社
    住所東京本社:〒101-8532 東京都千代田区神田司町2-3
    電話番号03-3259-1311(代表)
    電源の種類電気錠
    解錠方法ICカード
    価格 記載なし
  • RemoteLOCK
    会社名株式会社構造計画研究所
    住所〒164-0012東京都中野区本町4丁目38番13号
    電話番号050-1807-1888
    受付時間平日9:00~17:00
    電源の種類ICカード、PINコード、QRコード、顔認証など
    解錠方法電気錠
    価格初期導入費用(参考価格)製品本体費:500,000円(税別)~/扉
  • PicoA
    会社名美和ロック株式会社
    住所東京本社:〒105-8510 東京都港区芝3丁目1番12号
    電話番号記載なし
    電源の種類電気錠
    解錠方法カード
    価格記載なし
  • PalmSecure AuthGate
    会社名富士通ネットワークソリューションズ株式会社
    住所〒212-0014 神奈川県川崎市幸区大宮町1-5 JR川崎タワー
    電話番号0120-20-7430
    電源の種類記載なし
    解錠方法生体認証
    価格記載なし
  • Net2
    会社名株式会社ケーティーワークショップ
    住所〒154-0011東京都世田谷区上馬2-29-16 ワイスハイム2-201号
    電話番号03-6450-8810
    電源の種類電気錠
    解錠方法磁気カード、非接触カード、指紋認証、顔認証など
    価格記載なし
  • KEYVOX
    会社名ブロックチェーンロック株式会社
    住所本社:東京都千代田区内幸町1-3-1 幸ビルディング9階
    電話番号記載なし
    電源の種類記載なし
    解錠方法スマートフォン、PINコード、ICカード
    価格年間払い(1か月分お得)27,500 円(税込)/年 × ロック数
    月次払い 2,500 円(税込)/月 × ロック数
    ※ロック本体、施工費、初期設定費は含まない
  • IDSMART™-II
    会社名アズビル株式会社
    住所〒100-6419 東京都千代田区丸の内2-7-3 (東京ビル)
    電話番号03-6810-1000
    電源の種類電気錠
    解錠方法ICカード(MIFARE、FeliCa)
    価格1扉22万円〜(工事費、調整費別途)
  • GG-2
    会社名株式会社クマヒラ
    住所本店営業部:〒103-8314東京都中央区日本橋室町2-1-1 日本橋三井タワー14階
    電話番号03-3270-4381(代表)
    電源の種類電気錠
    解錠方法ICカード、暗証番号、生体認証など
    価格記載なし
  • FreeiD
    会社名DXYZ(ディクシーズ)株式会社
    住所本社:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー41階
    電話番号03-4212-8122
    電源の種類記載なし
    解錠方法顔認証
    価格記載なし
  • ELMaster
    会社名株式会社プリバテック
    住所本社:〒108-0075 東京都港区港南2-10-9 レスタービルディング
    電話番号03-3740-0888 (代表)
    電源の種類電子錠
    解錠方法スマートフォン、ICカード
    価格記載なし
  • CredoID
    会社名ビック情報株式会社
    住所本社:〒104-0032東京都中央区八丁堀4-9-4 VORT八丁堀Ⅱ 6階(旧:東京STビル)
    電話番号03-3537-6771
    電源の種類電気錠
    解錠方法スマートフォン、ICカード、生体認証など
    価格記載なし
  • BIVALE
    会社名株式会社日立ビルシステム
    住所〒101-8941東京都千代田区神田淡路町二丁目101番地(ワテラスタワー)
    電話番号03-3295-1211(代表)
    電源の種類電気錠
    解錠方法ICカード、生体認証
    価格記載なし
  • BioStar2
    会社名(東京事務所)シュプリマ株式会社
    住所〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8-6 604号
    電話番号03-3527-2114
    電源の種類記載なし
    解錠方法生体認証
    価格記載なし
  • ACALL RECEPTION
    会社名Acall株式会社
    住所〒650-0001兵庫県神戸市中央区加納町4丁目2番1号 神戸三宮阪急ビル 13階
    電話番号078-599-8419
    受付時間9:00~18:00
    電源の種類電子錠
    解錠方法二次元コード認証、顔認証
    価格記載なし
  • スクールアシスト
    会社名ネットビー株式会社
    住所本店:横浜市金沢区福浦1-1 横浜金沢ハイテクセンタービル
    電話番号045-784-8341
    電源の種類記載なし
    解錠方法ICカード
    価格初期費用 1契約 5,000円
    月額利用料 利用生徒数×50円
    月額ゲート代 施設数×2,000円

入退室管理システム関連コラム

  • 電気錠と電子錠の違いについてご紹介!入退室管理システムの選び方についても解説

    セキュリティを高めることを目的に、電気錠または電子錠を導入しようか検討している方がいるのではないでしょうか。電気錠や電子錠を導入する際、どちらを選ぶべきかメリットやデメリットを考慮することが大切です。そこで本記事では、電気錠と電子錠の違いについて、それぞれのメリット・注意点を解説します。そのほか、電気状や電子錠を導入する際のポイントや、入退室管理システムと連携するメリットなどもご紹介するので、導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

  • 入退室管理システムの認証方法ごとのメリットデメリットもご紹介!

    一口に入退室管理システムといっても、その種類は多岐にわたり製品の数は膨大です。そのため、入退室管理システム導入にあたっては悩むことが少なくありません。適切なシステムを選定するには、製品ごとのメリットとデメリットを把握しておくことが重要です。この記事では、入退室管理システムの特長や課題について解説します。

  • 入退室管理システムのメリット・デメリットは?認証別についてもご紹介

    社内をセキュリティ強化するために、入退室管理システムの導入を検討する企業は多いでしょう。しかし、入退室の管理以外のメリットがわかりづらく、認証方法それぞれの特徴を把握していないと、どれを選んでいいのか迷いますよね。そこで今回は、入退室管理システムの機能説明に合わせて、メリットとデメリットを紹介します。認証方法の特徴も合わせて解説していますので参考にしてください。

  • 入退室管理システムの選び方についてご紹介!

    入退室管理システムの導入は複雑そうで、何から始めるべきかわかりにくいですよね。また、メーカーだけでなく認証方法にも種類があるため、どのタイプが自社の導入目的に合うのか選択に迷います。そこで今回は、入退室管理システム導入前の確認事項と、選ぶときのポイントをそれぞれ紹介します。自社に入退室管理システムをなぜ導入したいのか確認してご覧ください。

  • オフィスにはセキュリティ上どんなリスクがある?おすすめの対策方法も紹介

    企業の情報資産を守り円滑に事業を進めること、そして顧客や取引先からの信用を守るために欠かせないのがオフィスセキュリティです。ここではオフィスセキュリティの重要性やセキュリティ上のリスクについて、さらにおすすめの対策方法もご紹介します。

  • 共連れとは?安全確保のための入退室管理システムでの対策方法

    セキュリティが日々厳重化する現代において、企業や施設での「共連れ」問題は見過ごせないリスクとなっています。共連れとは、許可された人物と一緒に未許可の人物が施設に入る行為です。これが様々なセキュリティ問題を引き起こす可能性があります。本記事では、共連れの定義、その防止策のメリットとデメリットなどについて解説します。

  • 顔認証のメリットとは?入退室管理システムの導入を検討する法人必見

    ビジネスシーンにおけるセキュリティ向上は、絶えず求められるテーマです。近年、その答えとして注目されているのが顔認証システム。この記事では、顔認証システムの基本的な仕組みから、その採用によるビジネスのメリット、そして導入時の注意点までを詳しく解説します。入退室管理をより効率的かつ安全にしたい方は参考にしてみてください。

  • 生体認証システムの仕組みと種類について

    生体認証システムは、個人や会社の情報を守るため、今や欠かせないものとなっています。身近なところでは、スマホの画面ロックの解除やATM、会社の入退室などで使った経験のある方も多いでしょう。その種類は多様化し、日常の様々な場面で活用されています。そんな生体認証システムについて、種類や導入のメリットなど詳しくご紹介します。

【ジャンル別】入退室管理システム

  • 電子錠(電池錠)でおすすめの入退室管理システム3選

    ビジネス上ではセキュリティ管理が欠かせません。この記事では工事不要で設置でき、高いセキュリティでコストパフォーマンスにも優れたスマートロックシステムとして「Akerun」「bitlock PRO」「カギカン」の3つを紹介します。各システムの特徴を理解して、企業のニーズに合ったシステムを導入しましょう。

  • 電気錠でおすすめの入退室管理システム3選

    物理カギではなく電子機器を使ってカギの開閉ができるようになる電気錠の入退室管理システム。オフィスや各種施設のDX化を進めるうえで重要な役割を果たすシステムですが、どのような商品を選べばいいのかわからない人もいるでしょう。この記事では、電気錠でおすすめの入退室管理システムについて解説します。

  • 電気錠タイプでおすすめの入退室管理システム3選

    これまで会社内への出入りは、おもに物理的なカギで行われていました。ところが現在、仕事での働き方が変わったことで、物理的なカギから入退室管理システムの導入が進んでいます。では、入退室管理システムとは一体どんなものでしょうか?今回は、おすすめの入退室管理システム3選について詳しくご紹介します。

  • 勤怠管理システムと連携できる入退室管理システム3選

    近年、さまざまなもののシステム化が進んでおり、勤怠管理や入退室管理システムのそのひとつです。多くの企業が取り入れている入退室管理システムは、従業員の入退室を管理する、部外者が立ち入りできないようにするといったセキュリティ面で重宝されています。今回は、勤怠管理と連携できる入退室管理システムについてご紹介します。

  • オフィス向けの入退室管理システム3選

    テンキー認証・バイオメトリクス認証・スマートフォン認証・ICカード認証などの機能を使ったものが入退室管理システムであり、特定の部屋や建物への人の出入りが管理できるようになります。しかし、どこを利用したら良いのか悩むことも少なくありません。この記事では、オフィス向けの入退室管理システムを3つ紹介します。

  • 24時間フィットネスジムにおすすめの入退室管理システム3選

    24時間フィットネスジムにおすすめの入室管理システムについてお伝えします。会員が安心して利用できる空間にするために、入退室管理システムの導入を検討している方もいるでしょう。24時間いつでも気軽に利用できるように、セキュリティ強化は必須ですよね。入退室業務を軽減できるおすすめのシステム3選を詳しく紹介します。