顔認証タイプでおすすめの入退室管理システム3選

公開日:2024/05/15

近年、企業や施設のセキュリティ対策として入退室管理が注目されています。情報漏洩や不正な侵入のリスクを最小化し、安全性を確保するための顔認証を取り入れたシステムは、手軽さと高いセキュリティ性能で多くの法人から選ばれています。この記事では、入退室管理システムを3つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

Idoors

Idoorsのメイン画像

Idoorsの基本情報

サービス名Idoors
企業名株式会社エーティーワークス
住所(東京本社)〒106-6137 東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー37F
TEL03-3497-0505

現代のオフィス環境は、セキュリティが極めて重要な要素となっています。とくに、入退室のセキュリティは、情報漏洩や不正な侵入を防ぐための重要なポイントです。このため、最新の技術を駆使したシステムが必要となります。

そこで注目されているのが、iDoors入退室管理システムです。高度なセキュリティ性能をもちつつ、リアルタイムでの入退室や在室状況を把握できるのが特徴です。アクセスログのダウンロードや、ユーザーごとのドア制御も簡単に行えます。

便利で柔軟な管理機能

iDoorsはクラウド型の管理システムを採用しているため、異なる拠点のドアも一元的に管理が可能です。遠隔地からでも解錠や監視を行えます。

また、顔認証やQRコードなど、多岐にわたる認証方法に対応している点も魅力です。特筆すべきは、マスクを着用していても顔認証が可能という点です。これは、現在の衛生状況を考慮すると、非常に有効な機能といえるでしょう。

信頼性と経済性のバランス

iDoorsは、電気錠の採用によって、高い防犯性と安定した動作を提供しています。また、スマートロックにありがちな電池切れの心配もないため、安心して利用できます

さらに、iDoorsのコストパフォーマンスも注目すべき点です。初期投資は必要となりますが、月額費用は比較的リーズナブルで、長期間使用することで経済性を感じられます。システムの構造としては、各拠点のドアにiDoorsエッジという電気制御盤とリーダーが設置され、クラウドシステムと連携しているため、どこからでもアクセスして管理することが可能です

bitlock PRO

bitlock PROのメイン画像

bitlock PROの基本情報

サービス名bitlockPRO
提供会社名株式会社ビットキー
住所(本社) 〒104-0031 東京都中央区京橋3-1-1  東京スクエアガーデン9F
TEL(代表)050-3000-3936

bitlock PROは法人ニーズに特化した、顔認証機能を搭載した入退室管理システムとして数多くの法人から選ばれています。

bitlock PROが選ばれる主要3つの要因

bitlock PROの最も注目すべき点は、経済性です。初期費用が0円でありながら、月額利用料は5,000円からという手頃な価格で、サブスクリプションモデルにより継続的なサービスアップデートを低コストで享受できます

さらに最新セキュリティの導入が可能で、複雑な設備工事やプログラムの設定などは不要となり、ほとんどのタイプのドアに瞬時に取り付け可能です。

移転や拡張時も追加の手間やコストはかからず、Wi-Fiの接続が不安定な場所や、外部からの干渉を気にすることなく、LTE通信の安定性を享受できます。そして、停電やサーバーダウンなどの緊急時にもシステムは安定して運用されます。

システムの特徴

bitlock PROの柔軟性も強みの一つとして挙げられます。たとえば、12種類もの解錠方法が提供され、そのなかから最適なものを選ぶことが可能です。職種や業務内容に応じて異なるアクセス権を設定でき、設定や調整はクラウドシステムを通じて即座に行えます。

また、入退室の情報はリアルタイムでログとして取得され、後から詳細な分析や確認が可能です。複数の場所やデバイスを一元的に管理することもでき、オペレーションの効率化とコスト削減を実現しています

さらに、顔認証オプションは、なりすましのリスクが極めて低い高セキュリティを提供します。非接触認証により物理的な鍵やカードを持ち歩くことなく、迅速な解錠が可能です。物理的な鍵以外の施錠方法もサポートしており、さらに高度なセキュリティを実現しています。

SECURE AI Office Base

SECURE AI Office Base のメイン画像

SECURE AI Office Base の基本情報

サービス名SECURE AI Office Base
運営会社名株式会社セキュア
住所(本社)〒163-0220 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル20F
TEL(代表)03-6911-0660

SECURE AI Office Baseのクラウド型入退室管理システムは、AIを最大限に活用し、社員の安全を守りつつ、働きやすさを追求するための新しいスタンダードを提案しています。

SECURE AI Office Baseの特徴

SECURE AI Office Baseは、多くの企業が直面するさまざまな課題に柔軟に対応できるように設計されています。一例として、新型コロナウイルスの影響で、企業の中には緊急のコロナ対策が求められる場面も増えています。

そうした中で、システムは業界シェアNo.1の顔認証技術を基盤として、測温やマスクの有無などの健康管理機能も取り入れています。従業員や来訪者の安全性を確保しつつ、効率的な運用が可能です。

また、現代の職場はリモートワークの導入が進む中、従来の方法では対応しきれない新しい課題が増えています。

SECURE AI Office Baseは遠隔からの管理を強化し、管理部門でのリモート運用も実現可能です。フルリモート環境下でも、万全のセキュリティ対策を維持できます。

さらに、職場の混雑状況や利用状況をリアルタイムで可視化する機能も搭載しており、職場の運用をデータベースで行い、より効率的な運営が可能になります。

ニューノーマル時代の職場の変革

ニューノーマルという言葉が広がるなか、SECURE AI Office Baseは、新しい働き方の提案者としての役割を果たしています。職場のフリーアドレス化や、場所を選ばないABWなど、これまで考えられなかった多様な働き方が可能になりました。

これにより、従業員が自分のペースで、かつ効率的に業務を進める環境が実現されています。

まとめ

iDoorsは、高度なセキュリティとリアルタイムの入退室監視を特徴とし、クラウドベースでの一元管理を実現しました。マスクを着用した状態でも顔認証が可能です。経済性と信頼性をバランスよく提供するシステムとして、導入が進められています。bitlock PROは、とくに経済性を重視する企業におすすめのシステムです。初期費用が0円というコストパフォーマンスを持ちながら、最新のセキュリティ技術を取り入れています。多様な解錠方法や、クラウドを介した簡単な操作性も強みです。そして、SECURE AI Office Baseは、最新のAI技術を駆使した入退室管理システムです。とくに新型コロナウイルスの影響下での職場の変革を重視し、測温やマスクの有無などの健康管理機能を取り入れているのが特徴です。

おすすめの入退室管理システム比較表

イメージ
サービス名
iDoorsAkerunbitlock PROALLIGATEカギカンアマノSECURE AC
特徴いつでもクラウドで入退室の管理・確認ができる!コストパフォーマンスも高い!累計導入社数7,000社以上!大規模な工事をせずともさまざまなドアに対応!圧倒的な低コストで導入可能!99%のサムターンに対応していて、通信不良にも強い!いろいろな扉や既存システムからのリプレイスに対応!社内ネットワーク構築不要!さまざまなシーンに応じた合鍵の発行が行える!入退室履歴がしっかり残る!各種ネットワーク環境にスムーズに導入できる!入室規制をすることも可能!設置環境やコストなどの要望に合わせて認証方式を組み合わせられる!
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら